タッチパネル式のレジ

POSレジでスタッフが少ない時間帯の飲食店運営も実現可能

レジのキー

夕方以降の営業だけでは利益が望めないという居酒屋など、集客が期待できるランチタイムに短時間だけ営業するということは少なくはありません。しかし、夜の営業にスタッフが集中し、ランチタイムは最小限のスタッフしか確保できないというのであれば、飲食店向けPOSレジの導入がおすすめです。飲食店向けPOSレジなら市販のタブレット端末を利用して、セルフオーダーシステムを構築することができます。その結果、ランチタイムで調理スタッフとホールスタッフが数名という場合でも、オーダー業務に時間を取られることがなくなります。また、混雑するランチタイムなど、精算業務が専属化してしまうこともあります。しかし、飲食店向けPOSレジには自動釣銭機と連動するものもあり、セルフ精算も可能になります。オーダーから精算対応まで専任スタッフが不要となり、ランチタイムでも数名で運営が可能です。また、夕方以降の営業にもメリットがあり、スタッフが集中して出勤する前の時間帯、営業終了時間間際でスタッフが少ないという際でも効率的な店舗運営が可能になります。さらに平日で予想外の来店があり、スタッフが少ない場合でもオーダー業務が滞ることもなく、顧客満足度を高めることも可能です。まずは、スタッフが少なく営業時間を短縮したり、営業を諦めているなら飲食店向けPOSレジを導入してみましょう。

ピックアップ

レジのキー

POSレジでスタッフが少ない時間帯の飲食店運営も実現可能

夕方以降の営業だけでは利益が望めないという居酒屋など、集客が期待できるランチタイムに短時間だけ営業するということは少なくはありません。…

more

更新情報

Top